うつ在宅ワーママの断薬記録

うつのこと、断薬および離脱症状の記録、在宅勤務のこと、など。

ベンゾ断薬記録 薬切り替え後の変化(13日目)

f:id:tabunsuguniakiru:20200320235604j:plain

▼前回の記録

nikkitsurezure.hatenablog.com

 

今日は5:30に目が覚めました。

今朝は特にやりたいこともないのでぼーっとしてみます。

今朝も比較的頭がすっきりしています。

先生いわく、今も2種類だけ抗うつ剤が処方されているのですが、それらの効果らしいです。

 

すっきりしているのは嬉しいことだけど、結局は薬に頼っているという事実に気付いてむなしい気持ちにもなります。

 

薬を切り替えてもらったのはいいけど、これから先ちゃんと先生の計画通りにわたしの体がついていけるか心配でしかたなくなる。

 信じてやっていくしかないし、だめだと思わずに前向きになることが最も治療に役立つとわかっているのだけど。

 

 今日は仕事が割とのんびりめで待機時間が多かったので、「離脱症状」について調べました。

 

おそらくですが、わたしが今もっとも苦しんでいる「ぶちぶち」といっている症状は「シャンビリ」と呼ばれるものであることと、

離脱症状を引き起こしているのは、ベンズアミド系の抗うつ剤、もしくはベンゾジアゼピン睡眠薬ではないか、という推測がつきました。

 

ベンズアミド系の抗うつ剤ベンゾジアゼピン睡眠薬に関しては血中濃度半減期が短時間型のものだっため、疑っています。

SSRI系の抗うつ剤に関しては、SSRI離脱症候群というものではないかと。

 

この推測がついたところで何も好転することはありませんが、なんとなく知りたかったので。。

 

今日の症状は、昨日までと比べるとだいぶ楽です。

だいぶ楽というよりも、以前のクリニックで処方されていた薬をきちんと飲んでいた時(=離脱症状が起こる前)と同じくらい、普通に過ごせた気がします。

昨日までは夕方以降になるとあからさまに不調になりましたが、今日はそこまでひどい状態にならずに1日が終わりました。

シャンビリ」の頻度も少なく、あっても、立ち止まってしまうほどではありませんでした。

 

明後日の土曜がまた通院日なので、そのときに今後の漸減のペースについて相談してみたいと思います。