うつ在宅ワーママの断薬記録

うつのこと、断薬および離脱症状の記録、在宅勤務のこと、など。

転院、セカンドオピニオンに関して個人的に思うこと

f:id:tabunsuguniakiru:20200321075826j:plain

2018年1月に初めて心療内科へかかり、始めの半年くらいは主治医の指示通り服薬していましたが、自分の処方されている薬に疑問を抱き始めてから何度も断薬を試みました。

 

そのたびに身体的にも精神的にもつらい状況を味わい、毎回断念してきました。

 

今回転院したことで、処方内容を一新していただいたことで自分自身とても前向きになれたように感じているため、もしもわたしと同じように、

今の処方内容が本当に自分に合っているのか不安な方がいらっしゃいましたら、ぜひセカンドオピニオンや転院をご検討いただきたいです。

 

実は、今回の転院の前に、別のクリニックに行ったこともありました。

2019年4月のことでした。

 主治医には何も言わずに、別のクリニックに予約を取って行きました。

1年以上薬を飲んでいるんですが、もうそろそろ飲まなくてもいいんじゃないかと思うんです。
そもそもこの薬が自分に本当に必要がわからないのでセカンドオピニオンを頂きに来ました。

という内容で相談に行ったのですが、

は~こりゃまた厄介な薬ばかり飲んでますね。どれもすぐにはやめられません。
とりあえず同じお薬を出しておくので、また来週来てください。
えっ???????

↑実際にこんなこともありました。

 

当然そこには後日キャンセルの電話をし、二度と行きませんでした。

だって同じ薬を出すなら、意味がないじゃない。。。

(しかも処方ミスで睡眠導入剤が二倍量になっていたのも驚愕だった。)

 

こうやって、いろんな病院を転々とする方は「ドクターショッパー」と呼ばれるそうですね。

わたしはそれだったんでしょう。

 

でも、わたしの経験上のことしか言えないけれど、現状に納得いかないのなら、納得できるまで良いお医者様を探したほうがいいと思います。

 

あと、「アスクドクターズ」という有料サイトがあるんですが、ご存じでしょうか?

月額制の有料サイトなんですが、そこでも同じように相談をしました。

1時間もしないうちに、6名くらいの先生方からお返事をいただけました。

回答は「飲み続けて。」と「転院すべき。」に二極化していましたけどね。

 

でも結局ね、やっぱり自分の体のことだから、しかも生活がかかってるから。

自分が体調悪くても、家族の生活まで止められないから、いい方向に向くように、できるだけのことをやりたいですよね。

 

自分の体は、自分じゃないと守れないから、少しでも納得いかないのなら、主治医ときちんと話をして、それでも状況が変わらないならセカンドオピニオン、そこでもしも良い結果が得られそうなら転院、という風に、自分で積極的に選ぶことも治療には大事な一歩だと、個人的には思います。