うつ在宅ワーママの断薬記録

うつのこと、断薬および離脱症状の記録、在宅勤務のこと、など。

「うつ」の周りの人について

f:id:tabunsuguniakiru:20200321074315j:plain


休職期間中、近くに住む母が、やたらと「日光を浴びなきゃ!!運動しなきゃ!!!」と言って連れ出そうとしてきた。しょっちゅう。

 

あれだよね~適度に日光を浴びることでセロトニンが分泌されて、うつが軽快するっていうやつだよね~。

 

でもねー。本当にしんどいとき、頭も体も疲れ果てているときは、光も音もつらく感じるんだよね。

 

テレビの音、足音、トイレのジャーって水が流れる音、外の光、部屋の電気、部屋中に点在する色や文字、いろんなものが自分を疲れさせに来るんだよね。

 

だから、もしもこの記事を読んでいるあなたの近くに、いま「うつ」状態で閉じこもっている人がいたら。

少し、待ってあげられませんか。

 

正しい治療を受けていたらきっと、ちゃんと意欲がわいてくるようになるから。

それまで待てませんか。

 

ただし、正しい治療を受けておらず、部屋に閉じこもりっきり、というのは危険な気がします。

わたしはソーシャルワーカーなどではないので、じゃあどうしたらいいのかまではわからないけど。。。

 

「うつ」状態のときって、判断力が弱るんです。

 

今まで普通にできていたことが、どうしたらいいかわからない。

起こってもいないことで不安焦燥感でパニックになってしまったり。

冷静に、落ち着いて考えたらわかることが、わからなくなってしまうんですよね。

 

だからもしも身近な人が、ふさぎ込みがちになっていたら、無理させずに見守ってあげてほしいなと、思います。