うつ在宅ワーママの断薬記録

うつのこと、断薬および離脱症状の記録、在宅勤務のこと、など。

抗うつ剤

自分が「うつ」かもしれない、と思ったら。

もしも、最近の自分おかしいな、と思ったら。鬱なのかもしれない、と思ったら。不安かもしれないけど、一歩踏み出してみてほしいです。

これって、「薬害」なのでは?

自分の場合 長期間、改善されないのなら 抗うつ剤長期服用の危険性を知ってください 自分の場合 心療内科にかかって、「うつ」と診断を受けるまでは、良かったと思います。 実際、そのような状態にある患者さんはまず休養を必要としているだろうから、仕事が…

離脱症状について調べてみた。

はむぱんさんによる写真ACからの写真 このブログでいう「離脱症状」とは、抗うつ薬・抗不安薬・抗精神病薬などを6週間以上飲み続けた患者が突然断薬もしくは減薬した際に起こる症状のこと。 断薬すると必ず起こる症状ということではないが、一度発生すると…

抗うつ剤の依存性とはどういうものか

私の場合、を書きますね。 私は、心療内科にはじめてかかって処方箋を受け取ったときに、スマホのメモにこう記していました。 「抗うつ剤とか、抗不安薬とか、安定剤だされた。こういうのって、怖いとか、依存性があるとか、よく見聞きするから、これから、…

ずっとずっと疑問に思っていること

七彩さんによる写真ACからの写真 やっぱりどうにも気になる。 わたしは本当に鬱だったのか? ただの過労ではなくて? 本当に抗うつ剤・安定剤・睡眠導入剤を飲まなければいけなかった? もうこうなってしまった以上、いまさら誤診だとか、そんなことはどうで…

ショックだったこと

唐突に、娘に言われる。 ママ、変わった。 前はもっと元気だった。 仕事してキラキラしてた。 今も家で仕事してるけど パソコン触ってばかりで 正直言って全然キラキラしてない。 病気のせいだってわかってるけど でも前の元気なママに戻ってほしい。 と。 …

心療内科に行く最初の一歩

もしも今、つらくて、どうしたらいいかわからなくて、でも、心療内科に行くべきか、悩んでいる方がいたら。 それを考えると、偽善者みたいなことを言うようですが、自分に何かできることはないんだろうかと、考えてしまいます。 でもわたしは医療従事者では…

ピュグマリオン効果をご存じですか?

ピュグマリオン効果、というのをご存じですか? 例えば、 教師が生徒Aに対して「お前は聡明でなにをやらせても優秀な子だ」と期待をかけ続け、一方で生徒Bに対しては「お前は愚図でなにをやってもだめだ」とけなし続けたら、その子供たちは、言われた通りの…

一度きりの産業医面談と、在宅勤務になってからの面談

休職する際に、産業医面談をしなければならなかったんですが、わたしの場合は部長に自宅までお越しいただいて面談しました。 わたしが会社まで行けなかったことと、初対面の産業医の先生にきちんと状況についてお話しできる自信がなかったためです。 で、1年…

傷病手当金の受給・申請方法について覚えてること

うつに限らず、傷病によって仕事を休まなければならないことって、 誰にでも起こりうることだと思います。 わたしも1年余りの間、傷病手当金を受給して生活していました。 でも当時、傷病手当金なんて言葉も聞いたことなかったし、始めての申請のときは戸惑…

寝すぎないように気を付けてること。

睡眠は重要です。 めちゃめちゃ働いてた時期、わたしは子供がいるから、終電まで仕事するよりも、定時で上がって仕事を持ち帰って子供を寝かせてから持ち帰った仕事をやるしかなかったんですよね。 もちろん毎日じゃなくて、主人が早く帰れる日は主人にお願…

季節的なもの、気圧のこと。

※注意※ わたしは医療従事者ではないので、そんな気がする程度の話です。 自律神経失調症や、うつなど、脳や神経の伝達に問題が生じて起こる病は、季節(主に気圧)の影響が大きい気がする。 昔から、天気の悪い日、気圧の低い日は頭痛や胸やけなどの症状があ…

転院、セカンドオピニオンに関して個人的に思うこと

2018年1月に初めて心療内科へかかり、始めの半年くらいは主治医の指示通り服薬していましたが、自分の処方されている薬に疑問を抱き始めてから何度も断薬を試みました。 そのたびに身体的にも精神的にもつらい状況を味わい、毎回断念してきました。 今回転院…

在宅勤務について(経緯と現状)

わたしは2019年の秋頃から、完全在宅勤務になりました。 現在頂いている業務自体がもともとペーパーレスで全てPC上での作業の為、実現できた在宅勤務でした。 鬱になる前 復職後 鬱の再燃 在宅勤務になった決め手 そして、現状 在宅勤務のメリット・デメリッ…

新しいクリニック

前回の記事で、別のクリニックの予約が取れたので、もう今までの2年間通ったクリニックには行かないと決めた。 www.tims-blog.com 行ってみるとまず、今までのクリニックと、新しいクリニックとの違いに驚いた。 血液検査・尿検査がある 診察室に入る前に、…

転院までのてんやわんや

セルトラリン(ジェイゾロフト) スルピリド(ドグマチール) 炭酸リチウム(リーマス) エチゾラム(デパス) トリプタノール(アミトリプチリン) これらを飲み続けてもう2年が経ってしまった。 仕事は現在は在宅勤務にしてもらっていて、生活は仕事含めて…

「うつ」の周りの人について

休職期間中、近くに住む母が、やたらと「日光を浴びなきゃ!!運動しなきゃ!!!」と言って連れ出そうとしてきた。しょっちゅう。 あれだよね~適度に日光を浴びることでセロトニンが分泌されて、うつが軽快するっていうやつだよね~。 でもねー。本当にし…

「うつ」と診断されたときの心境と、勘違いしてたこと。

診断書見たとき、ショックだった。 自分の性格的に鬱になるわけないじゃんって思ってた。 確かに自分の意思で心療内科に行ったけど、「自律神経の乱れですね〜」か、「ちょっと過労ぎみですね〜」とかで、胃薬もらったりする程度なんじゃないかと思ってた。 …

薬をやめたい理由

薬をやめたい理由には二つあって、 一つ目が、妊娠を希望していること。 二つ目が、肝臓に負担がかかっているらしいこと。 一つ目の妊娠については、主人とよく相談して、絶対に抗うつ剤による危険性がないと言い切れないなら今は諦めるということになってい…

休職して、回復し始めて、でも薬は変わらなくて、そして再燃する。

現在は完全在宅勤務にて仕事をしているわたしですが、休職→復職→再燃までの経緯について、お話しします。 2017年夏、昇格 2018年1月、心療内科へ 2018年2月1日~、休職 2019年3月、復職 2017年夏、昇格 入社して4年目の年に昇格しました。業務量が急激に増え…

はじめまして

はじめまして。てぃむと申します。 30代のワーキングマザーです。 2年ほど前にうつ病と診断され、今は抗うつ剤や気分安定剤などの減薬とその離脱症状を乗り切ろうとしています。 ブログというもの自体、はじめてやるんですが、、、 日々の記録を付けていこう…